通信の「“質高しつだか”“大量ギガ安”社会」に!

今や生活に欠かせないスマートフォン。通信容量を心配せず、いつでもどこでも安心してスマホが利用できる社会を推進します!

"もしも"の時に役立つ
無料Wi-Fi

2016年の熊本地震の本震後、観光客の誘致に活用されてきた公衆無線LANサービス「くまもとフリーWi-Fi」へのアクセスが急増。災害時の情報収集や通信手段として「役立った」との回答が約9割超に。"もしも"に備えた整備が急がれます。※19年10月時点で約2.6万力所整備済み

コロナ禍で通信量が急増

総務省の調べによると、約4割の人が携帯電話料金が高いと感じています。こうした中、新型コロナの影響で在宅勤務やオンライン教育などが普及し、1度目の緊急事態宣言を機に国内の通信量は急増。今後も通信量の増加が見込まれており、安心して利用できる環境が欠かせません。

公明党は挑戦します!

01災害時にも有効な無料Wi-Fiを全国に3万カ所整備します!

02超高速・大容量の「5G」サービスを全国で利用できるようにします!

03携帯電話料金の引き下げやデータ容量が無制限に使える、社会にします!

「5G」で広がる可能性

特徴

  • 2時間の映画を3秒でダウンロ一ドできる高速大容量
  • 利用者がタイムラグを感じない超低遅延
  • あらゆる機器がネットに接続できる多数端末接続
  • 自動運転
  • ロボットを活用したスマート工場
  • 遠隔医療

「5G」の目的は携帯電話の品質改善だけでなく、人・モノとネットを結び付けることで労働力不足などの社会的課題を解決することです。
「5G」の普及で通信はわれわれの社会生活に必要不可欠なものになります。国が通信を社会的インフラと位置付け、支援することが必要です。

東京工業大学 阪口啓教授

東京工業大学
阪口 啓 教授